NEW

NEW

NEW

[種子] パキポディウム グラキリス Pachypodium rosulatum var. gracilius Lot.2024E

在庫なし
商品コード: PD06
入荷時期:2024年05月
  • 限定品
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

パキポディウム グラキリス 象牙宮 Lot.2024E
Pachypodium rosulatum var. gracilius Lot.2024E

2週間で4〜5割程度の発芽を確認しています。



パキポディウム グラキリス(Pachypodium rosulatum var. gracilius)は、マダガスカル原産の、球根状の幹を持つ多肉植物で、サッカーボールのような頑丈で丸い形状と、少ない枝分かれの体を特徴としています。銀灰色の膨らんだ基部は他の品種よりも小さく、早くに棘を失う細い枝を持っています。葉は小さく、狭く、短い楔形で、半常緑で光沢があります。葉は幹の頂上に集まっています。さらに、ユニークな幹を持つパキポディウム グラキリスは最も美しい花を咲かせる多肉植物の1つでもあります。成熟した個体にのみ現れるその花は5つの黄色い花弁で構成された筒状の花冠で、香りがあります。



★パキポディウム播種について



  • よく水を含んだ土の上に播種してください。

  • 赤玉土や種まき用の土がオススメの用土です。

  • 基本的に覆土は必要ありませんが、乾燥を防ぐために薄く覆土するか、腰水を使用することも検討してください。

  • 発芽に適した温度は25〜35度です。

  • 通常、発芽までの期間は3〜12日です。


● 発芽率、品種名種小名に対する保証はございません。ショッピングガイドをご確認の上お買い求めください。

パキポディウムはマダガスカル原産の根塊植物です。
キョウチクトウ科に分類されます。

カテゴリ一覧

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿